フジテレビの月9ドラマ「監察医 朝顔」の第6話を見ました。
今回は子役の小林星蘭ちゃんを久しぶりに見ましたが。

僕は子役時代のドラマ出演は知らないけど、バラエティにいっぱい出ていたからな。
あんまり見た目の印象は変わっていないですね。

子役を経験している子って、成長するにつれてスタッフさんの対応も変わってくるわけだからな。
どんな感じなんだろう?
チヤホヤしてくれていた人達が冷たくなったような印象を受けるのかな。笑




まあ、子役だとそうでもないかもしれませんが、AKBとかのアイドルグループだといろいろ思うことはありそうだな。
最年少ぐらいでかわいがられていたのが、年下メンバーが入ってきて周りの反応も変わったり。

今回は星蘭ちゃんと恒松祐里さんが両親を亡くした姉妹をやっていましたが。
荒れて暴力を振るう父をお母さんが殺してしまったと。
それを目撃した星蘭ちゃんがお姉ちゃんを呼びに行っている間に、お母さんまで自死してしまったという辛い境遇です。

まあ、確かに星蘭ちゃんの立場だったら、その場にいるのが怖いよなー。
電話で呼べばとか思わなくもないけど、やっぱりその場から離れたいよな。
お母さんを一人にした自分の行動を後悔してそう。

母を思い現場を偽装したことから罪に問われてしまった姉妹です。
お姉ちゃんも情状酌量の余地はありそうですね。




死んだお母さんのために自分がお母さんの罪をかぶろうとまでしたんだからな。
普通はそんなことできないよな。
恒松祐里さんも美人だった。

そして新章スタートということで、朝顔の娘さんも登場です。
いろいろ急展開でしたねー。


あちこち飛び回っていた茶子先生は、スープ作りに目覚めているし。
怪しいものを飲まされるみんなも大変ですね。笑

次回は裁判エピソードのようなので、またガラリと雰囲気が変わりそうですね。
後妻業的な事件のようですな。




そして桑原刑事も県警の捜査一課に異動ということですが・・・。
彼はそんなに有能なのかな?笑
朝顔のお母さんのことも進展があったようですし、次回も注目ですね!

スポンサードリンク