19年に韓国で公開された映画「無垢なる証人」を見ました。
久しぶりに映画を見たけど、これは良い作品だったな。

エピソードも簡単なストーリーでわかりやすく、ユーモアや感動もあって。

いわゆる法廷物の映画ですね。
殺人が自死かという裁判で、唯一殺人の証拠となったのが自閉症の女の子の証言。

自閉症の女の子を演じたキム・ヒャンギの演技が良かったですね。
(映画の女の子は自閉症というよりアスペルガー症候群の症状に近いらしい)

一審では証拠能力が不十分ということで無罪判決。
しかし二審では逆転、女の子の証言から自白を引き出して有罪に持ち込むというストーリーですね。




二審の展開は作為的ではあるけど、感動的でしたね。
被告人の弁護士が証人と関係を育んでいく中で事件の真実に気が付き・・・。
少女の特徴を活かした尋問で見事真実を明らかに。

検事役にはイ・ギュヒョン。
被告人である家政婦のヨム・ヘランとは、ドラマ「刑務所のルールブック」で親子の関係でした。




気になったのは、チョン・ウソンとソン・ユナとのロマンスはいらなかったと思うんだけどな。
裁判に関係するわけでもないし、主人公の人間性の変化、成長を感じさせるという感じでもないし・・・。
まあ、あっても映画の邪魔にはなっていないと思うけど、特に意味は見いだせなかったな。

やっぱりキム・ヒャンギが演じたジウが良かったですね。
自閉症の特徴をうまくとらえた映画なのかはわからないけど、ジウというキャラクターは魅力的だったな。


法曹界の映画ではあるけど、それよりはヒューマン映画の側面が強かったです。
ストーリー展開はありがちではあるのですが、ヒューマンものとして見たときに感動的で良い作品でしたね。

スポンサードリンク