BSテレ東で「日本ボロ宿紀行」の第7話の再放送を見ました。
今回は「栃木県那須郡 雲海閣」という宿でしたね。

猿劇場の前座営業ということで、龍二さんもかわいそうでしたね。笑
あんな営業を入れた春子もおかしいけど、そもそも猿劇場の人もなんで呼んだんだろう?
そりゃあ、お客さんの反応もかつてないほど寂しいものになるでしょう・・・。




まあ、最初は落ち込んでいた龍二さんも、自分に責任がないことがわかり元気が出ていましたけど。
それにしても龍二さんの営業も相変わらずうまく行かないんですねー。
状況が好転するかのような回もあったんですけどね。

あの宿の温泉までの長い道のり、なんかテレビで見たような記憶もありますね。
やっぱりどの宿も過去にテレビの取材があるようなところなのかな。
じゃないと新規に取材OKをもらうのも手間でしょうからね。




龍二さんを元気づけるために料理を作ってあげる春子も良かったですねー。
幼い頃から知っている女の子に料理を作ってもらうってどんな気分なんだろう?
そりゃあ、龍二さんも嬉しかっただろうな。


>>僕が見たおすすめドラマランキング


スポンサードリンク