悪い刑事の制裁者(イ・ジェユン)。大衆を巻き込みながら復讐を執行

韓国ドラマ「悪い刑事」で印象的な犯罪者にイ・ジェユンが演じた制裁者がいます。
示談や心身微弱が理由で減刑された性犯罪者を襲撃する制裁者。

制裁者の正体は妻を暴行の末に殺された男ということで・・・。
動機としては感情移入ができるキャラではあります。

※ネタバレ表現あり

この投稿をInstagramで見る

오늘밤 10시 MBC #나쁜형사

이재윤 Lee Jae Yoon(@goomapapa)がシェアした投稿 –

・制裁者には同情の余地もある

前年放送されている「ボイス2」でも言われていましたけど。
酒を飲んでいるから刑期が短くなるっておかしいですよね。
制裁者の場合は示談で刑期が短くなったようですが、これも相手側の嫌がらせで示談に応じるしかなくなったようなもの。




制裁者は殺すかどうかをインターネット投票で決めるとし、ネットでもお祭り騒ぎに。
市民どころか刑事にもヒーロー扱いを受けていた側面もありましたが。
でも結局はネット投票では「殺さない」という選択になったのに殺してしまった。

制裁者として正義を気取っていたわけですが、結局は殺しが目的の犯罪者だったということですね。
まあ、復讐ということですし動機は同情できるものですけど・・・。

また、制裁者関連では大衆の声という、もう1つの見どころがありましたね。

この投稿をInstagramで見る

Thank you for watching. See you soon #강우준

이재윤 Lee Jae Yoon(@goomapapa)がシェアした投稿 –

・犯罪者になりかけた大衆たち

制裁者は復讐という本来の目的以前にも、性犯罪者を拉致し殺そうとしました。
本来のターゲットを襲う前夜祭みたいなものでしょう。

このときの制裁者はおそらくわざと監禁場所を警察と大衆に気が付かせるように仕向けています。
これにより制裁執行をする監禁場所に野次馬と警察官を引き寄せました。




野次馬と警察がきたところで性犯罪者の首をつり、殺そうとしたわけですが・・・。
このとき野次馬は警察の行動を妨害。
警察官が1人で首をつられている性犯罪者を助けようとしても、手伝うどころか警察を批判したり動画を撮影する始末。
まあ、そういう人しか野次馬にはならないでしょうけど。

このとき、もし性犯罪者が死んでいれば、野次馬たちも犯罪者となった可能性があるわけですからねー。
ネットやテレビを見ながらあれこれ言う分には構わないけど、現場に来てまでお祭り騒ぎで犯罪者を糾弾して警察の邪魔をして。




結果、あやうく自分たちも犯罪者ですからね。
大衆にも困ったものですな。
でもそういう愚かな側面を描いたのも意味はあったと思う。

この投稿をInstagramで見る

2019.12.13🥋Promoted to Brown Belt

이재윤 Lee Jae Yoon(@goomapapa)がシェアした投稿 –

・イ・ジェユンは本当に強い!

ところで制裁者を演じたイ・ジェユンですが。
彼は体格もよくて見た目も男らしい雰囲気の俳優です。


そして高校時代はカナダで過ごし、優秀なスプリンター(陸上短距離選手)だったようですね。
なんとベン・ジョンソンの目に留まり、個人トレーニングを受けていたというバリバリのアスリートです。

さらにブラジリアン柔術の使い手で実力者でもある。


制裁者は逃げる途中で警察官を突き飛ばし殺してしまいましたが・・・。
あんな程度では怪我はしても死にはしないだろうと思ってしまいますが、本当に死ぬかもしれません。
建物から建物に飛び移る非現実的なシーンも、彼ぐらいのフィジカルなら実行可能かもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

#crossfit

이재윤 Lee Jae Yoon(@goomapapa)がシェアした投稿 –

横にいるのはキム・ドンヒョンという身長同じぐらいのUFCファイターですが、体格的には見劣りしないですからね。
本当に良い体格だ。




僕が見たドラマでは「ウォッチャー」で大暴れしてソ・ガンジュンが負けていましたが、ああいう役は合うよな。
「悪い刑事」では刑事と取っ組み合いをするようなシーンがなかったけど、そういうシーンを見たいよな。

悪役顔というわけでもないので刑事役も良いけど、失礼ながら主演タイプの俳優ではないからな。
それよりは格闘のできる悪役で輝きそうな俳優です。(ラスボス役なら主演格でいけそう)

スポンサードリンク