後妻業の6話を見た感想。小夜子が朋美ともバトルで砂糖をまく!

フジテレビ系列の火曜ドラマ「後妻業」の第6話を見ました。
今回も小夜子と次女のバトルが繰り広げられましたね!

小夜子の次のターゲットが自分のクライアントだったと気が付いた次女。
しかも東京の会社なのに大阪のクライアントですから、凄い偶然ですねー。
本当に運命の糸でつながっているような出来事ですが。




小夜子と次女の前半はいつも通りのコミカルなバトル。
最後は小夜子が痛いところをずけずけと突いてくるので、逃げるように去っていった次女です。


しかしまあ、不倫ネタはともかく、子供ができないこともつついてくるんですからねー。
そういうデリケートなところまで突っ込むあたり、小夜子もやっぱり悪い女ですが。

まあでも、「これ以上嗅ぎまわるな」と言った最後は寂しそうでしたね。
本当に友達みたいな感じだったからなー。
しかし、なんで都合よく塩があったのかと思ったら、あれは砂糖をまいたのか。笑




最後は柏木に小夜子を裏切るように提案した次女です。
ここらへんは映画にはないくだりでしたね。
そもそも映画はドラマほど次女が重要人物じゃなかったからな。

でも、イケメン爺さんは映画に出てきていて、あれは鶴瓶さんがやった役でしょうね。
小夜子がちょっとマジになってしまい、柏木が小夜子に釘を刺すくだりもありましたが。
ドラマでは柏木も小夜子に見切りをつけてしまうのかもしれません・・・。


あと、次回予告を見るに探偵の本多が小夜子と柏木の殺しの証拠をつかみそうですね。
そこからまたストーリーが大きく動くのですが、映画とドラマは違う展開になるのかもしれませんね。




僕は映画版をHuluから見ました。
Huluは日テレ系列が運営しているサービスですから、ドラマ版は公開されていませんけど。
月額約1000円の完全定額制で使いやすいサービスだと思うので、ぜひチェックしてみてください。


-無料期間中でもアカウントページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>Hulu公式サイト「後妻業の女」

※紹介している作品は、2018年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。