ハケンの品格2020を見て少し気になったのが山本舞香さん演じる千葉小夏のキャラです。
これはもしかしたら受けが良くないかもなと思ったら、やはりそのような口コミもあり・・・。

千葉小夏はシーズン1で言うと、森美雪(加藤あい)ポジションにあたるであろうキャラなんですよね。
森ちゃんは弱々しい雰囲気で応援したくなるようなキャラでした。
一方で千葉ちゃんは気の強いキャラなので対照的になっております。




人間はどうしても過去の方が良かったと感じちゃいますからね。
前作を見ている人からしたら、千葉ちゃんのキャラは嫌に感じるかもしれません。
あの気の強さは性格が悪いようにも見えちゃうし。

とはいえ、これも仕方がないと思うんですよね。
1話のセクハラのエピソードはもはや時代錯誤だという声も大きかったです。
同じように、また森ちゃんのようなキャラが登場してパワハラを受けても時代錯誤だと言われるでしょう。




今後、千葉ちゃんがどういう立ち位置になるのかわからないけど、僕はドラマ的に気の強いキャラでも良いと思うんですよね。
森ちゃんのようなかわいいポジションは杉野遥亮くん、中村海人くんの若手正社員2人の人気に頼るのでしょう。
森ちゃんのようなやらかすキャラも若手正社員2人が兼任するのかもしれないし、今作はやらかしてどうこういうエピソードではないのかもしれないし。


森ちゃんのような押しの弱いキャラよりも、千葉ちゃんのような上の人たちにも食って掛かるようなハケンキャラが今作には合うんじゃないかな?
それに1話の主人公でもあった福岡さん(吉谷彩子)が森ちゃんのような性格にも感じましたしね。
福岡さんと千葉ちゃんが2人そろって上の顔色を窺ってビクビクしていても、ドラマにならないですしね。

森ちゃんみたいな、ほっとけないキャラが良かったなーと思う気持ちはわかるのですが。
わかるけど時代やドラマのバランスを考えても、気が強く口が悪いキャラでも仕方がないかな。




僕は塚地さんがやっている宇野部長も、前作の松方弘樹さんみたいなかっこいい上司がいいけど。
でも今作は伊東四朗さん演じる社長が強敵として登場するわけですから。
松方弘樹さんみたいなかっこいい上司よりは、変な上司の方が社長キャラも活きるので仕方がないですね。

スポンサードリンク