ドラマ「刑務所のルールブック」で衝撃的なラストを迎えたハニャンです。
ハニャンは第2の主人公といって良いほどの中心人物で人気キャラ。

僕はあのラストで良かったとは思うけど、一方で疑問も残る結末でした。
※ネタバレ表現あり

この投稿をInstagramで見る

#tvn #수목드라마 #슬기로운감빵생활

이규형(@290_83)がシェアした投稿 –

以前も書いたけど、ハニャンの再逮捕自体は必要なシーンでもあったと思う。
でもあんな違法っぽいおとり捜査で再逮捕しなくても、という気もするじゃないですか。

売人みたいな人が待ち構えていて、ハニャンが誘惑に負けてしまう。
そこを待ちくたびれて迎えに行った恋人が目撃してしまい、今度は恋人が警察に通報するという流れでもドラマとして成立しそうだし。




それを出所日にわざわざおとり捜査をするということは、ハニャンがそれほどまで警察にとって要注意人物だったということになります。
そこまでの人材だったのかということになりますが・・・。

まあ、実際にはそれだけの要注意人物になる可能性はある男ですからね・・・。
ソウル大出身のエリートで薬剤師。
ジェヒョクの薬がすり替えられたことにすぐに気が付くぐらい薬に意識が向き、薬とは切っても切れない関係ですし。

それに設備があれば普通の薬からも麻薬の製造は可能みたいですからね。
エリートのハニャンならそれが可能なぐらいの知識はあるだろうし、裏社会の人間がアプローチしてくる可能性も十分です。




そもそもハニャンはお金持ちのお坊ちゃまなので、売人のターゲットになるのは自然です。
それに逮捕前にはハニャンも売人をやっていたようですし、そっち方面のつながりはあるでしょう。
今回はおとり捜査だったわけですが、出所直後に裏社会の人間が接触する可能性は十分あるので警察がマークするのもおかしなことではないのかもしれませんね。

この投稿をInstagramで見る

#슬기로운감빵생활 #법자 #한양 #tvn

이규형(@290_83)がシェアした投稿 –

だからやはり家族が迎えに来なかったのがいけなかったということですね。
薬物依存者の出所日には家族が拉致しないといけないという言葉もあるようですが、その通りなのかもしれません。
(そもそもハニャンが薬物に手を出したのも、母の愛情の欠如と無関係ではないでしょう)

ドラマのハニャンはかわいらしい雰囲気で魅力的なキャラでもあったけど、実際の薬物中毒者はあんなものじゃないですからね。
ちょっと美化しすぎたところはあるでしょう。




ハニャンを見ていると薬物は怖いというより笑いのネタみたいな感じだったもんな。
最後に薬物の怖さが描かれたわけですが、それにしたって薬物の怖さ、中毒性よりもハニャンがあんなことになったショックの方が大きいだろうからな。

それでもあの再逮捕が薬物の啓発につながれば良いのですが、薬物中毒者への理解にはつながったかな。
再犯率が高いと言われる薬物関係ですが、本人の努力ではどうしようもない部分があるわけで、周囲の人間のサポートはというのは本当に大切ってことですね。

この投稿をInstagramで見る

유&유

정해인(@holyhaein)がシェアした投稿 –

なんにしてもおとり捜査の是非はともかく、警察がマークするだけの人物ではありそうですね。
恋人が薬物に手を出したところを目撃するよりは、おとり捜査の方が厳しさも強調されて良かったかもな。




拘置所のエピソードに比べると刑務所のエピソードは犯罪者美化の印象が強くなりましたしね。
ハニャン(カイストも)厳しいラストは当然でしょう。
それに加え、ハニャンに関しては中毒者への理解が深まれば良いキャラですね。

スポンサードリンク