JTBCの新週末ドラマ「優雅な友達」が放送スタートしました。
いま最も話題のドラマ枠で、期待値も高いドラマですね。

ただまあ、1話は嫌な予感が的中と言ったところです・・・。

1話の視聴率は3.2%と悪くありません。
夫婦の世界の1話6.3%、梨泰院クラスの5%に比べると低い数字ではありますけどね。
23時からの遅い放送ですし、パク・ソジュンやキム・ヒエのようなスターが出ているわけでもないですし。




視聴率に関してはこれから挽回の余地が大いにあるんですけど。
それよりも評判が怪しいところです。

本格的なミステリードラマとして期待されていたと思うのですが、コメディ色が強い演出が見られたようですね。
僕が危惧していたのもここなんですけど、これにより失望の声もあるわけです。
コメディだとどうしても没入する感じではなくなりますからね。

このティーザーを見て嫌な予感したんですよねー。
まあ、19歳の年齢制限があるだけ緊張感のあるシーンもあり、中年夫婦のやりとりもそれ相応のものが見られたようですが。

それにしてもミスティや夫婦の世界みたいな世界観が期待されていただけに、軽い描写は拒否反応でちゃいますよね。

まあ、SKYキャッスルだって最初はコメディ色が強かったですしね。
それが次第に緊張感のあるシーンが増え、評判もどんどん上がったわけで。
優雅な友達も同じような曲線をたどる可能性はあります。




それにSKYキャッスルと違い、庶民の様子が描かれたのは良いところかもしれません。
問題は演出ですよ。

プロデューサーがラブコメをやってきた人だからなー。
だから嫌な予感がしたんだよ。
しかも100%事前制作なので、もう変えることはできないですからね。
まずは本日の2話、どういう評価になるか・・・。

スポンサードリンク