あなたの番ですのHuluオリジナルストーリー「扉の向こう」。
第15回は横浜流星くん演じる二階堂忍のエピソードでした。

いろいろ狙っている感のあるエピソードでしたが。笑

お母さんが世界で1番苦手という二階堂。
初登場シーンで下の名前で呼ばれることを嫌うくだりがありましたが。
あれはお母さんに「ぶーちゃん」と呼ばれていることが原因のようですね。




極端な偏食、他人が作った食べ物が苦手というのも、母の料理下手が原因のようで。
鼻が良いのもお母さんの遺伝のようですね。

クッションの匂いを嗅いで、息子に女性の陰を感じるシーンもありました。
二階堂君はなにかと干渉してくるタイプのお母さんが苦手なようですね。

また二階堂君は「買い物手伝いAI」というものを自作、活用している様子が描かれていました。
お母さんがAIを利用しようとすると、何やら意味深な嫌がり方をしていたので、なにか恥ずかしいことでも隠しているのかと思ったら。


そのAIに付けていた名前がお母さんの名前だったというね!
お母さんを邪険に扱っていたので、なかなか良いエピソードだと思ったのですが・・・。

感動ムードに水を差すような翔太の登場。笑
まるで交際しているかのような翔太の言動に、お母さんが息子の彼氏と勘違いするという・・・。
「彼女のいるの?お母さんは彼氏でもいいんだよ」とかいうセリフがあったのですが、その伏線が回収されてしまいました。

そういえばお母さんはAIの名前が自分の名前と知ったときに、喜んで息子の頭の匂いを嗅いでいました。
頭の匂いをかぐ行動というのは、興奮したときにやる癖なのかもしれませんね。笑

ちなみにラストではAIが二階堂君の死を予想するかのようなくだりがありました。
黒島ちゃんもそうだったけど、二階堂君も意外と早く扉の向こうに登場したからなー。
次回デート中に襲われた黒島ちゃんを助けて死にそうになるぐらいはあるかもしれませんね。




Huluの扉の向こうもぜひチェックしてみてください。
そういえば空手もお母さんに仕込まれたものだったようですね。
いろいろ詰め込まれていたので二階堂ファンは要チェックです。


>>Hulu公式サイト「あなたの番です」

※紹介している作品は、2019年8月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。