そしてユリコは一人になった7話の感想。急展開クライマックス

カンテレドラマらぼの「そして、ユリコは一人になった」の第7話を見ました。
まるで最終回かのような展開でしたねー。
まあ、実際に原作はこれが最終章で、あとはエピローグがあるんですけど。
エピローグもドラマでやってほしいと思ったら、思いのほか急展開で進み、エピローグもやってくれるようなので嬉しいです。

7話のエピソードはほぼほぼドラマオリジナルなんですけど。
いろいろ急展開な印象ではあるけど、良い感じでしたね!(最後の演出はわかりにくかった)
急展開というか、どことなく置いてけぼり感があるのがマイナス・・・。

ウキウキの高見沢先生と、ユリコ様が男子生徒に入れ替わるのよかった。
ドラマならではの演出ですね。




由利先輩と高見沢先生のカップルというのも良かったけど、僕が思っていたのとは違う展開でしたね。
先生と生徒の同性愛という初代ユリコ様と同じ境遇だというのがポイントかと思ったら。
高見沢先生が由利先輩の姉の敵だったとは・・・。

それでも高見沢先生と付き合っていた由利先輩の心理がわかりにくいんですけど。
まあ、そこは良いでしょう。

あとストーカー男の回収が弱い気がするんですけど、最終回にストーカー関連のくだりもあるのかな?
ストーカーが本当に相手の身を守っていたという、そんなこともあるんですね。笑




陰ながら百合子の身を守り(自覚はないだろうけど)、今回も殺されそうになった百合子を守ったもんなー。
あそこで美月が助けに来るのかと思ったらストーカー先輩だったから。
せっかくかっこいいところを見せたのに(?)、お礼を言われる間もなく美月と抱き合われちゃいましたね。

そして自ら命を絶った筒見先輩。
最後までユリコ様伝説にこだわっていましたね。
彼女も大きな被害者の1人だった。




そして浅香先輩は美月に殺されてしまい・・・。
なんで殺したんだ?
そこらへんも次週の最終回でやるようですね。

タイトル通り1人になった百合子ではありますが・・・。
エピローグでもうひと波乱あるでしょうから、そこも期待です。




ただまあ、もう少し視聴者と一緒にユリコ様伝説の謎に迫るくだりが欲しかったなー。
百合子と美月が勝手に謎を解いた感じになっちゃったから。
なんか置いてけぼり感がある。
原作を読んだ僕ですらそれを感じるわけですから、読んでない方はもっとわかりにくかったのでは?

動画はU-NEXTから見ることができます。
特におすすめすることはないのですが、アイドルドラマ感覚で出演者目当てで見るぶんには良いかな。


僕は岼子先輩(柴田杏花)が好きなんですけど、最終回活躍してくれるかな?
原作通りなら出番があるのでそこも期待したいところです。


>>U-NEXT公式サイト「そして、ユリコは一人になった」

※本ページの情報は20年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。