そしてユリコは一人になった2話の感想。主人公キャラに違和感?

カンテレドラマらぼの「そして、ユリコは一人になった」第2話を見ました。
前回、ユリコ様伝説によって屋上から飛び降りた生徒(?)は無事だったようですが。
今回のラストではついに死人が出たようですね。

一方で過去の出来事はどうだか知らないけど、今回の生徒の死は伝説ではなく殺人の可能性が高いのかもしれませんね。
目撃者がいるみたいだし、落ちる時に叫び声も聞こえていたので。

その前の自転車で飛んでいた子はなんだったんだろう?
なにか細工でもしてあったのかな。




僕が気になるのが主演の玉城ティナさんのミステリアスなキャラ。
あの主演キャラは逆にドラマに合わない気がする。
ユリコ様伝説というミステリアスな要素があるのに、伝説に直接関係ない主演キャラがミステリアスだとごちゃごちゃな気が・・・。

現ユリコ様の先輩がミステリアスな雰囲気だったら、それはわかるんですけどね。
でも現ユリコ様はミステリアスというよりは意地悪キャラみたいだもんな。
僕は現ユリコ様がミステリアスな方が良かったと思うな。

主人公の美月ちゃんは百合っぽさもあるし、なんだか怪しい雰囲気がある。
スッとドラマに入っていけないところがあるかなー。




まあでも、ビジュアルが良いドラマだし嫌いではない。
印象としてはDASADAとかザンビみたいなアイドルドラマっぽさを受ける。
これからも見ていきたいドラマですね。


>>U-NEXT公式サイト「そして、ユリコは一人になった」

※本ページの情報は20年3月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。