メゾンドポリス9話の感想。佐野史郎の強敵感が良い!内通者も判明する

TBSの金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第9話を見ました!
今回はついに黒幕との対決がスタートしましたね。

そして、メゾンドポリス側の内通者も明らかになりましたが・・・。

てっきりおじさんの中に内通者がいるのかと思いましたが・・・。
となると副総監が怪しいと思っていたら、内通者は真琴さん。
前回登場したジャーナリストの女性ですな。



まあ、狂言誘拐でも小学生の娘を共犯にしたからな。笑
冒頭の尾行といい、ずいぶんと危ない橋を渡る人だと思ったら裏があったのか。

佐野史郎さん演じる黒幕も、黒幕感がありましたねー。
バックに暴力団がいることもあり緊張感もあるし、警察も味方につけているので強敵って感じです。




次回は警察内部の裏切者探しもあるようですが。
警察内部の登場人物と言えば、牧野の同僚2人以外だと鑑識の女性と、間宮管理官、あとは草介周辺の人ですか。
なんか、管理官が悪者であってほしいな。笑

しかし娘さんまで脅迫の材料に使うとは、クソな連中ですねー。
高平さんはあんまり活躍しないから、無視すればいいのに。笑




それにしても副総監ほどの人物がいても、メゾンドポリス側が苦しむのか・・・。
いくら黒幕が凄くても副総監の方が凄そうなものだけどな。
まあ、何にしても楽しみな展開になってきましたね!

最終回なので牧野のお父さんの死の真相も明らかになるわけですね。
すっかりその目的を忘れていましたが。
絶体絶命の場面で誰が突破口を開くのか楽しみですね!

スポンサードリンク