先日ボイス2を見終わり、ボイス2について記事を書いたりしていますが。
僕は記事を書くときに動画やTWITTERなどの埋め込み機能を使います。
埋め込みを探すときにツイッターとかの口コミも目に入るのですが、ボイス2の宣伝を見て気になったことがあります。

上記のボイス2の紹介でもそうなのですが、イ・ジョンシンが前面に出ているんですよね。
予告動画にも彼の名前が出てきます。
これが「うーん」って思ってしまうんですよね。

イ・ジョンシンはCNBLUEというバンドのメンバーで日本デビューもしています。
日本でも人気のあるメンバーですね。
だからこそこうして前面に出ているわけですが。




で、彼の役どころはなにかというと犯人役、というか犯人一味ですね。
脇役というよりチョイ役です。(悪い言い方したけど特別出演です)
いくら人気があるとはいえ、そういう役どころの俳優さんを前面に出すのがなんだかなーと思うわけです。

もちろん、それは彼自身に不満があるわけではなく、日本の韓国ドラマの紹介の仕方ですね。(ボイスに限らず)
ドラマのコンテンツが素晴らしいだけに、イケメン俳優を推しておけばいいって感じの紹介がもったいない。

僕は男の韓ドラファンとして思うのですが、韓国ドラマって極端な女性向けの紹介になっているんですよね。
イケメン俳優を推す感じ。
―それも一部の女性向けで、ああいうのを望んでいない女性ファンも多い気がしてはいるのですが―




かつてのヨン様とかの韓流ブーム時は韓国ドラマといえば、おばちゃんが見るものというイメージ。
現代は若い女性視聴者が増えているとはいえ、それでも韓国ドラマは女性がイケメン俳優を見るものというイメージがあると思います。
僕も韓国ドラマを見る前はそう思っていたわけですよ。

で、そういう偏見を持ちながら見始めて、偏見が覆ったのがボイスのシーズン1です。
そのような体験から、偏見で韓国ドラマに接しないのはもったいなーと今は思うわけです。

日本では女性視聴者が多い以上、紹介記事も女性向けになるのは当然ですが。
それにしても、甘い感じで男から見てウっと思ってしまう紹介の仕方もあるのが・・・。笑




僕が韓国ドラマに魅力を感じた最大の理由は「男性キャラがかっこいい」ということです。
日本のドラマには男性キャラがかっこよくない(男らしくない)点に不満を感じていました。
男性キャラが普通に男らしくて頼もしい雰囲気というのが、韓国ドラマにハマった1番の理由です。

僕はサスペンス物を中心に見ているわけですが、男性キャラが男から見てもかっこいいんですよね。
異性キャラが魅力的というのも大切ですが、やっぱり同性キャラに感情移入できてこそドラマは楽しめると思うし。
その点、韓国ドラマは満足度が高く楽しめています。




僕みたいに日本ドラマの男性キャラに不満や違和感を覚えている男性も多いと思うんですよね。
そういう方は韓国ドラマにどんどん触れていってほしいと思います。
そして、そのためにももっと俳優よりもコンテンツ推しの紹介が増えてほしいと思うのです。
イケメン俳優を甘い感じで紹介されても男はテンション上がらないですからね。

ラブストーリーやラブコメは女性ファンを意識して、イケメン俳優を甘い感じでガンガン紹介してもいいと思うんですけどね。
でもサスペンス物は男性ファンも意識して紹介してくれるコンテンツが増えると嬉しいですね。
あんまりコンテンツ推しして日韓の差が顕著になるのも、よろしくないという事情はあるのかもしれませんが。
韓流サスペンスは面白い作品が多いので男も見た方がいいわ。




日本のドラマだと好きな男性キャラはいても、かっこいいとは思うキャラはなかなかいないからな。
ガツンと男らしい、力強くて頼りになるキャラがかっこいい。
そういう男性キャラが好きな男性視聴者は韓流サスペンスを見たら良いですね。

スポンサードリンク