ペントハウス(韓国ドラマ)1話から視聴率好スタート!大物脚本家の作品

SBSの新月火ドラマ「ペントハウス」の放送がスタートしましたね。
このドラマは大物脚本家のキム・スノク作品ということもあり、早くから20年下半期の大注目ドラマとされていた作品です。

ドラマプロデューサーはSBSのヒット作「リターン」などを担当しています。
キム・スノクの前作「皇后の品格」でも組んでいるコンビですね。

・ペントハウスは予想通りの刺激的なドラマに

イ・ジアにキム・ソヨンと、キャストからしてとんでもない雰囲気ですが・・・。
キム・スノクはマクチャンドラマを生みの親と言われるような人で、刺激的な作品も多いみたいですね。


ペントハウスもいきなり事故や濡れ衣、不倫にいじめなどいろいろ詰め込まれているようです。
SKYキャッスルと比較されるのも納得な雰囲気ですな。

ちなみにペントハウスは全10話が予定されているようなので、ミニシリーズとしては少し短いですね。
そして1話、2話に関しては放送時間も拡大し、第3部作で放送されています。

この投稿をInstagramで見る

불타오르는 욕망의 주역들🔥 SBS 새 월화극 '펜트하우스' 제작발표회 현장📸 서스펜스 복수극 <펜트하우스> ☞ 10월 26일 월요일 밤 10시 10분 첫방송 #SBS월화드라마 #펜트하우스 #ThePenthouse #이지아 #김소연 #유진 #엄기준 #신은경 #봉태규 #윤종훈 #박은석 #윤주희 #하도권 #펜트하우스제작발표회

SBS(@sbsnow_insta)がシェアした投稿 –

3部というのは1話を3分割しているということですね。
地上波韓国ドラマは1部2部と1話を分割して放送されています。

これは日本と違って番組途中にCMを入れてはいけない規則があるから。
だから1部で一旦番組終了してCM、それから2部が放送されるという流れみたいですね。
CMが少ない分、PPL(ドラマの中でスポンサーの商品をアピールする)が多い・・・。




ペントハウスが初放送の週から3部作にしているのは、序盤から動きが激しく目の離せないキム・スノク作品だからというのもあるのかな。
やはり他のドラマとは注目度が違う。

・ペントハウスは視聴率も好スタート

肝心の視聴率も1話で9.1%、2話で10.2%を記録しています。
大注目ドラマにしては低い数字に聞こえるのですが、日本と韓国では視聴率の相場も違いますからね。

日本の連ドラだと10%が人気を示す1つのボーダーラインになるじゃないですか。
韓国では地上波でもそのボーダーラインが5%ぐらいと言っていいぐらい、いまは低くなっています。
ペントハウスの視聴率も日本の感覚で言えば、15%ぐらいと言って良いでしょう。




また韓国はヒット作の視聴率が日本以上に右肩上がりの傾向がありますしね。
ペントハウスも2話で10%超えですから、かなりの好スタートです。
20%超えがノルマと言っていいぐらいでしょう。
そうなれは大ヒットドラマですね。

・ペントハウスは今後も話題が付きなさそう

刺激的な展開でストーリーが動くのも速いので、それだけ面白いでしょうからね。
今後も良くも悪くも話題性はありそうなドラマです。




なんか最終回がイマイチになりそうな匂いがしますが、竜頭蛇尾の悪評があるような脚本家ではないようですね。
とにかく刺激的なとんでも展開の脚本家ですか。
まあ、とんでもドラマでも面白ければ、満足できますしね。
SKYキャッスルみたいに竜頭蛇尾になっちゃうと、見終わった印象が悪くなるから満足度が下がってしまう・・・。

こういう女性中心のドラマは面白そう。
SKYキャッスルは旦那たちのコメディっぽいくだりも多かったけど、ああいうのは僕の好みではない。
ペントハウスはどうなんだろう?


ペントハウスもこれからどういう評価になっていくか楽しみなドラマですね。
今年ドラマ好調のSBSですし、ペントハウスも期待したいです。

スポンサードリンク