ハケンの品格2020の口コミで多いのが、大泉洋さんの出番が少ないことを残念がる声です。
彼の演じる東海林は人気キャラで、東海林と大前春子のやりとりがあってこその「ハケンの品格」ですから。

結婚できない男の続編もヒロインの交代で前作ファンから残念な声が多かったのですが、それと同じですね。
ただ大泉洋さんは特別出演という形で、出番は少ないながらも出演はされているのが救いではある。

スケジュールの都合で特別出演となっているようなので仕方がないといえば、仕方がないのかもしれませんが・・・。
彼クラスの重要なキャラなら、大泉さんのスケジュールに合わせてドラマ制作をしてもらいたいですよね。
ただ、これから出番も増えるという情報もあるので、そこに期待です。




僕は前回、不評の宇野部長(塚地武雅)ではなく、黒岩部長(板谷由夏)にするべきだったという話をしました。
でもそれよりも良いのが東海林部長ですよね。

宇野部長の良いところは前作の東海林みたいに左遷されて、いじめられる(?)姿が似合いそうなところです。
黒岩部長だと途中から東海林部長に交代というのが難しいですからね。(寿退社とか産休とか理由も作れなくはないけど部長クラスだと現実味が薄れる)
僕は宇野部長がやらかして東海林が復帰する流れも良いのではないかと思っていました。

‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

しかし現在の東海林の旭川支社長補佐という立派な肩書のようです。
となると部長としての復帰はなさそう。
他の肩書で復帰する姿も想像しにくいので、せいぜい出張で長期滞在みたいな感じか。




まあ、理由はどうでもいいんですけど、東海林と大前春子のやりとりは増やさないとね。
それに前作のラストは、大前春子が東海林の元で働くという終わり方でしたから。
そのあとにどうなったかの深堀はするべきだと思うんですよ。

それこそ「結婚できない男」も主人公とヒロインがその後どうなったのか、続編で触れられなかったのでモヤモヤされた面があるわけです。
ハケンの品格は結婚できない男と違い両キャラ揃って出演するんだし、そこはしっかり触れないとね。




また、ハケンの品格には奥の手として「Huluオリジナル動画」という手段があります。
「ハケンの珍客」とか言って若手のミニドラマをやるのもけっこうですが、本編では描き切れない春子と東海林のやりとりを配信するというのも良いと思うんですよねー。

まあ、Hulu商法とか言われて批判がいっぱいくること以前に、出演料の関係で無理なのかもしれませんが。
せっかくHuluを使うなら、たくさんの視聴者が見たくなるコンテンツを配信してほしいよなー。

なんにしても、ハケンの品格のシーズン2の成否は東海林にかかっていると言っても過言ではないですからね。
東海林と春子のやりとりさえ増やせば、その他の不満を抑えることも可能でしょうし。
なんで大泉洋さんのスケジュールとあわさなかったのか、本当に悔やまれますな・・・。

スポンサードリンク