フジテレビの木曜ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」を見ました。
今回はフィギュアスケートの世界大会金メダリストが恋人殺害疑惑ということで。
これまでのエピソードとは雰囲気も違いました。




これまでは依頼者にも落ち度がある中で、悪そうな相手もいましたからね。
今回も悪い敵はいたのですが、悪者に描かれるようなシーンがなかったですから・・・。
ですから悪い奴が懲らしめられたスッキリ感みたいなものがなく、ただ依頼者がかわいそうに思えました。

白石聖さん演じる金メダリストの相馬は逮捕後にアリバイが発見され疑いが晴れました。
ただそのアリバイというが八百長のために審査員とホテルにいたという・・・。
その事実を言えば殺人の疑いは最初から晴れたわけですが、まあ、言えないですよね・・・。




その八百長も協会や指導者からの指示。
相馬本人も金メダルを獲得して、普通の娘として見てくれなかった母親を見返したいという思いがあったようですけど。
金銭的な賄賂なら印象も違ったでしょうけど、肉体関係を持ったというのでかわいそうというか、なんというか・・・。

殺人に関しては、その事実を知った恋人の口封じに指導者が行ったという。
本当にとんでもない話でしたねー。




その指導者や協会の人間がいかにも悪い奴って感じで描かれていれば、印象も違ったと思うけど。
でも、悪そうに描かれたのはライバルスケーターの青山(石田ニコル)。

その青山も殺人はやってなさそうな雰囲気だったからな・・・。
そもそも正直な物言いなだけで、そこまで悪そうなヤツでもなさそうだったし。

なにより今回は依頼者の相馬が、多少なりとも救われた感がなかったのがね。
そりゃあ、殺人犯の汚名は晴れたわけですが、誤認逮捕までされたし、八百長の件もすべて告白したわけだし。



世間の同情もいくらか集まりはしたとはいえ、厳しい目で見られ続けることに変わりはないですからねー。
フィギュアスケートという呪縛に縛られた人生を送ってきたので、これからは自分らしい人生を送ることができるというメッセージがあったのだと思いますが。
それにしても代償があまりにも大きかったですね・・・。

そういえばアフターピルってドーピング検査に引っかからないのかな?
ホルモン系は駄目そうな印象があるけど。


まあ、女性アスリートの場合は生理の調整もあるだろうし、届け出でもすれば大丈夫なのか。
そもそも禁止薬物じゃないかもしれないし、医師の処方がいるだろうからアウトなら手に入らないだろうしな・・・。

1話、2話に比べると悪い奴が懲らしめられる感が薄かっただけに、後味はよくなかったですね。
視聴率も苦戦しているようですが、今回もあれこれ言われちゃうかもしれませんね・・・。



まあでも、別に面白くないとは思わないけどなー。
「うおぉー!次回が楽しみ!」とまでは言わなくとも、見るぶんには楽しめるけどな。
やっぱり、竹内結子と水川あさみのやりとりが華やかでいいですねー。

あと、僕はHuluで竹内結子主演の「ミス・シャーロック」を見ていたので、第3話はなんとなく似た雰囲気もありましたね。
スキャンダル専門弁護士の出演者で言えば、水川あさみさんと泉里香さんがゲスト出演。
斉藤由貴さんもレギュラーでした。




ミス・シャーロックは最後の事件がとても印象的で「うおぉー!次回が楽しみ!」ってなりましたよ。
楽しみもなにも、すでに全部公開されているのですぐに見たんですけどね。

水川あさみさんは第1話のゲストだったのですが、冒頭の泣くシーンが印象的でした!
ミス・シャーロックはHuluオリジナルドラマなのですが、地上波のドラマとは雰囲気が違うなーと思いましたよ。
こちらもおすすめのドラマですね!


↓月額約1000円ですが無料期間中の解約なら実質無料なので比較的利用しやすいかと思います。
 -解約方法はアカウントページからクリックするだけなので簡単です-
>>ミス・シャーロック/Miss Sherlock

※紹介している作品は、2018年1月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。