ウォッチャー(韓国ドラマ)の感想。ソ・ガンジュンら役者も魅力的!

19年にOCNで放送されたドラマ「WATCHER(ウォッチャー)」を見ました!
ボイス3の後続作ですね。
主演はハン・ソッキュ、ソ・ガンジュン、キム・ヒョンジュ。

ハン・ソッキュは視聴率保証俳優ですね。
今回初めて彼の出演作を見たけど、重厚な雰囲気で大物感があったわ。

キム・ヒョンジュは日本でも人気の女優ですね。
女性ファンも多い実力派女優ですが、さすがに華がある。




ソ・ガンジュンもこの2人に負けていない。
第一印象はあんまりよくなかったけどな。

そういえば僕は人気の若手イケメン俳優が主演のドラマって見たことなかったな。
パク・ヒョンシクの「スーツ」ぐらいか。
人気若手女優主演でもIUの「私のおじさん」ぐらいだもんな。

ウォッチャーの序盤を見た印象だと、少し難しいドラマなのかな?という感じ。
結局どういうドラマで、何を目的に動くのかよくわかんない、みたいな。
でも中盤に差し掛かったぐらいで「帳簿」の存在が出てくるのですが、そこからは話がわかってきて面白くなった印象です。

ソ・ガンジュンの第一印象があまりよくなかったというところなのですが・・・。
女の子を抱きかかえて逃げる犯人に発砲したのはなんだったんだろうな?
あんなことしちゃダメだろ。

女の子に当たる可能性だけでなく、犯人に当たったり、犯人がコケたら女の子も大怪我だもんなー。
肩に当たったのに女の子が無傷だったのが奇跡的。




あれもソ・ガンジュンのキャラが狂犬キャラだからかな?とも思ったのですが、結局そうでもなかったんですよね。
確かに突っ走る気はあったけど、それはあくまでも自分の過去(両親)が絡んだ事件絡みだもんな。
なんであそこで発砲しちゃったんだろ?

まあ、あんなことをしたから監査対象になり、チームに入ることになったわけですが。
あんなことしたんだから、もうちょっと悪者キャラでも良かったかもな。
他の登場人物ほど怪しい雰囲気はなかったし、信用できるのかわからなかったのは最初だけだ。




第一印象はあまりよくなかったけど、キャラが立つにつれて良いキャラになりましたね。
力強く頼もしい雰囲気もあったし。(危なっかしいところもありましたが)
ハン・ソッキュとの付かず離れず、そして未熟さも感じさせる良キャラだった。

とまあ、ドラマの第一印象は必ずしも良くなかったのですが。
ボイス2に次ぐOCN歴代2位の視聴率を記録した人気ドラマということで、期待して見続けたところ面白かったです。


主演3人はもちろん、脇を固める役者の演技も良かったですからねー。
みんな掴みどころがなくて怪しい雰囲気で。

ラストも続編を匂わす終わり方でしたしね。
今回だけでは明らかになっていない部分もあるし、続編があってもまったくおかしくない。

結局、組織の本当のボスは誰か曖昧になった感じだもんなー。
一応、明らかになってはいたけど、ちょっとあれでは違和感があるもんな。
本当のボスが別にいると見るのが自然でしょう。




続編を予定して作られたドラマだとしてもおかしくない。
キャストも豪華だもんな。
ちょっとOCNはボイスが怪しくなってきたら、ウォッチャーもシリーズ化した方がいいと思う。笑
少なくともシーズン2は自然に制作できるドラマだと思うぞ。

本当に面白いドラマでしたね!
心理戦的なところもあるのですべてを理解しようと思えば難しいドラマだと思いますが。
表面的なところだけでも十分に面白いし、話も理解できます。(僕も表面的なことぐらいしかわかっていないと思う)




やっぱり韓国ドラマはこれ系のジャンルだなー。
俳優も脚本も魅力的な名作でした!


>>「ウォッチャー」U-NEXT公式

※本ページの情報は20年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。