日テレの土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の第6話を見ました。
今回は射殺事件の弁護、さらに城崎(趣里)の息子さんが誘拐されてしまうという衝撃的なエピソードでしたね!

今回の被告は須賀健太くん。
子役のイメージが強いので、いつの間にかこんなクソ野郎を演じるようになって衝撃的です。
この前、ディアスポリスのドラマと映画を見たのですが、そこでもクソ野郎の役をやっていました。



今回の裁判に関しては冤罪が証明されたわけですが、クソ野郎に変わりはなかったですね。
真犯人はクソ野郎に人生を狂わされて自死した娘の仇を討ったご両親ということで・・・。

誘拐犯が別人だったところが盛り上がりましたねー。
まさに謎の女と言ったところでしたが、過去の事件の被害者遺族ということで。(被害者遺族とは言わないのかもしれませんが)



それなら警察が調べてさっさと捕まえろってことですが。
さらに手錠を付けたまま裁判所に現れたのには面喰いましたが・・・・。
そんな特例をするなら、せめて手錠は外してあげればいいのに。

まあでも、その後のご両親の告白は良かったですね。
良かったというか、心に来るものがありましたが・・・。




実際に権力者の揉み消しかと思うような事件が報道されることもありますけど。
報道されないだけでもっといっぱいあるのかもしれませんね。
真実はどうかわかりませんが、被害者側からしたらやりきれない思いでしょう。

あと、毎回思うけど、趣里さんの顔が小さい!
川口春奈さんも並んで映るのが嫌だろうな。笑




今回はなんだかんだで冤罪だったわけですが、次回は黒川も冤罪ではないと疑う事件のようですね!
公式ページに「楓の一言で命がけの実験検証を決意」とかなんとかありますが・・・。


練炭による一酸化炭素中毒の事件みたいなので、それを実際にやってみるのか。
次回予告の動画でも死にかけていましたが、楓の反応が気になるな。

次回はお父さんの登場回みたいなので注目ですね!

これまでの動画はHuluから見ることができます。
個人的には今回の事件が、いままで1番面白かったかな。


-無料期間中でもアカウントページからクリックだけで簡単に解約ができます-
>>Hulu公式サイト「イノセンス 冤罪弁護士」

※紹介している作品は、2018年2月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。